そもそも就業規則とは?

就業規則とは

就業規則は「職場のルールに関して会社と社員との取り決め」のことで、従業員(労働者)の給与に関する規定や労働時間などの労働条件、従業員が遵守すべき職場のマナーやルールなどの服務規律をまとめた規則のことです。

しっかりとした就業規則を作成することで下記が実現できます。

  1. 労働条件や会社のルールをオープンにすることで、安心感を与えることができ、採用力が強化される
  2. ルールが明確になり、安心して働けるので社員が辞めずに定着化します。
  3. もし、問題社員が入社しても改善していただくか、退職していただくことができます。
  4. 残業代、有給休暇、解雇等のトラブルから会社を守ることができます。
  5. 就業規則を労務管理のメインのツールとすることで、労務問題の悩みが軽減されます。

就業規則の作成義務

常時10人以上の従業員を雇用している会社は就業規則の作成と労働基準監督署への届出が義務付けられています。

10人未満の会社には就業規則の作成/届出は義務付けられていませんが、それは就業規則が必要ないということではありません。さまざまな労働トラブルを未然に防ぐために、1人でも従業員を雇用したら就業規則を作成した方が良いです。

無敵の就業規則

「無敵の就業規則」は、100社以上の経営相談と労務相談を受け、改良に改良を重ね作り上げられたものですので、貴社を徹底的に守り抜く就業規則です。完全オリジナルですので、市販では手に入りません。