職場改善活動を行い、働きやすい職場に!

少子高齢化が進んでおり、人材確保が非常に難しくなっております。そのため、人材の流出をいかに食い止めるかが重要な課題となっており、職場環境の改善が急務となっております。

1.職場改善活動とは

職場環境は、労働条件やメンタルヘルス対策、上司部下同僚などの人間関係から照明などの物理的な明るさや空調、職場で利用される機械やPCなどの取り揃えるなどの作業環境の改善など様々な要素が含まれます。
この多種な要素が含まれる職場環境をより良いものに変えていく、その取り組みが職場環境改善です。

2.職場改善活動の目的

(1)従業員のストレス軽減

仕事を行っていくうえで、ストレスを感じる場面がいくつも潜んでいます。
例えば、掃除機や人が会話する声や音が気になって仕事が集中できなかったり、ほかの人と職場の温度が合わず、空調が効きすぎたり弱かったりとストレスを感じる従業員がいます。
それらは、心身の不調につながるケースもあるため、職場環境の改善は従業員を守るために欠かせない取り組みになります。

(2)対人関係の改善

普段からコミュニケーションが少なかったら、助言や注意をしたとき、誤解を招いたり、感情 的になって、人間関係が悪化する可能性があります。また、他人のトラブルに巻き込まれり、そのほかにもパワハラやセクハラなどのやる気低下や心身の不調を招く原因になってしまいます。

(3)離職率の低下

身体的には健康でも、心のほうが仕事のストレスや不満で不調をきたす可能性があります。
不調をきたし、その職場環境が改善されないままの状態が続くと従業員は、改善策の一つと転職活動等を行い、のちに退職につながる可能性がございます。

3.職場改善活動の事例

原因の一つとして、コミュニケーション不足や接し方の悪さが挙げられます。それらを解消するための事例いくつか挙げていきます。

  • あいさつをしっかりおこなう
  • 報連相を徹底する
  • 笑顔を作る
  • 適度な距離感を保つ
  • 文章でのやり取りはていねいに行う
  • 相手のいい部分に注目する
  • 相手の話をしっかりと聞く

4.まとめ

職場環境改善は、実態に即した内容で社内全体で取り組むことが重要です。また、一人ひとりが意識して取り組んでこそが大切です。
意識や考え方を改めて人間関係を良好し、働きやすい職場環境を作っていきましょう。